テーマ:エッセイ

「テレワーク」 ~働くことが変わります~

「テレワーク」ということば、聞いたことがあるだろうか。「テレ」はテレフォンの「テレ」で「遠くの~、離れた~」という意味。ワークは「仕事」も、直訳の通り、「離れた仕事」。「離れたところでできる仕事の形」とでも言うのでしょうか。  実はこの働き方が、注目されている。 すでにIT関連の企業から始まってはいるが、新たな働き方の動き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ノースポール」

 15年以上前、私が中学校の教師をしていた時の話です。5月の修学旅行の1週間ほど前だったと思います。  私はその日の朝、職員室で授業の準備をしていました。職員室のドアをノックする音がし、僕が「はい」と答えると、その向こうから保護者らしき方が「おはようございます」と力のない声が聞こえてきました。ドアを開けて、「どうかされましたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教え子からの電話

▼「先生、勉強の仕方教えてくれる?」一ヶ月ほど前、34歳になる教え子のY君から、電話がかかってきた。「おお元気か。突然どうした。勉強の仕方って?」 ▼中学生時代、残念ながら勉強とはほど遠い生活をしていた彼から、「勉強」の二文字が聞ける事はうれしくもあった。「何か試験を受けるのか?」と聞くと、会社でクレーンの免許の試験があって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ開始から4年目 ちょっと振り返り

 初めての投稿写真 ▼ウェブリーブログの事務局から、メールが来ました。 何だろうとメールを見ると、4年もたつんだと思うと、びっくりしました。始めの頃は使い方もわからず、しどろもどろで始めました。何ヶ月も更新しない時期もありましたね。 最初の投稿がボロブドゥールだったということを思い出しました。インドネシアに視察に言った記録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知事の謝罪と新たな提案

▼7月26日、午後7時半から、知事からの謝罪と新たな提案がありました。4月に、一度謝罪については了解したものの、3ヶ月にもわたって提案がされず、神奈川県も提案するものが見つからずに、「もう終わったもの」と思っていた町内会役員にとっては複雑な思いであった。「今頃なんだ」というのが正直な気持ちのように感じた。 ▼国や県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回「はせどんカフェ」の報告

▼第3回は、突然の開催にもかかわらず、3名が参加してくれました。今回は、前回参加のパティシエさんと、情報関連企業のAさんと、行政書士のBさんが来てくれました。RRの常連さんがも参加してくれました。 ▼今回は、それぞれの自己紹介をしながら、基本一人と順番にお話ができたので、楽しかったです。 同じ環境で生きている教員とは、同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回「はせどんカフェ」のおしらせ 20日19時~RRRoom

第二回はせどんカフェのようす。大学生とパティシエさんと小学校の先生がたとお話をしました。パティシエさんとのガトーショコラ対決をお約束しました。ガトーショコラに黄身はいれたほうがおいしいかとか、おいしいベーコンの作り方とか。食べ物に流れは入って行きましたが、先生方とは、教育の問題やクラス経営の課題などもお話しできました。どんなに大変でも「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発集会・代々木公園17万人 凄い人でした。

「原発はいらない!」代々木公園に17万人 ▼7月16日、真夏の日差しの中で、全国から17万人が集まった。会場は熱気に包まれていた。集会に集まった方達の層は、かつての集会とは大きく違っている。お年寄りから子供まで、さまざまな方たちだ。あまりに人が多くて身動きができない。子どもの未来を心配する若い方達や子どもたちの姿が目に付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「震災がれき焼却灰の受け入れを、芦名の住民はなぜ拒んだのか」

「震災がれき焼却灰の受け入れを、芦名の住民はなぜ拒んだのか」  ~葛藤の中での受け入れ案撤回から~  横須賀市議会 長谷川昇 ▼2月17日、黒岩神奈川県知事に対して、芦名町内会を含む大楠連合町内会は震災がれきの受け入れに関して、決議文と撤回要請文を手渡した。以降、搬入推進される方達から、「自分だけよければよいのか」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたはひとりじゃないよ。わたしが一緒にいるよ。 秋谷ファミリーホーム「クロップ」

秋谷在住のカメラマン広田さんの作品。感動ですよね。いるかのバランスの美しさが絶妙です。御蔵島でとったそうです。 ▼CROP.-MINORI-「クロップ」を訪問した。 三浦半島の西海岸。秋谷海岸を見下ろす丘陵地にある。海の香りのする場所だ。 ▼クロップが横須賀市秋谷に開設して、2年目となる。ファミリーホームという児童養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日で、50歳になりました。感謝

誕生日 ▼私は、1962年6月30日、横須賀市衣笠にある衣笠病院で生まれた。体重2700㌘だったという。「誕生日は、生んでくれた母に感謝し、育ててくれた家族や多くの力をいただいた周りの人たちに感謝をする日だ」と先輩の山本議員が話していたのを思い出した。まったくその通りだと思った。 ▼気が付けば、50年という節目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合掌

▼6月23日、私の大好きな先生がお亡くなりになった。享年52歳。早すぎる、本当に早すぎる死である。受け止めようにも受け止めようがないというのが、実感だ。Y先生とは同じ学校で教員として一緒に仕事をしてきた。  とりわけ、10年前のある事から親密になった。十数年出していなかった組合の執行委員を池上中学校から選出することになり、校内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「よこすかウォーターサービス」の事業推進断念について

▼6月22日、水道の新事業・株式会社「よこすかウォーターサービス」に関して、市長から突然の断念の知らせがあった。理由は、法的な問題があり、今後すすめることはできないこと。しかし、それ以上に問題なのは、昨年9月から、3度にもわたり顧問弁護士から法的問題があることをその度に指摘されていながら、水道局長はこの事実を、市長にも議会に対しても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日映画「扉のむこう」 横須賀三浦教育会館で

「身近な存在として感じてほしい」引きこもりがテーマの映画上映 /横須賀  神奈川新聞 2012年6月28日 「たくさんの人に見てほしい」と呼び掛ける小幡さん=横須賀市内  「引きこもり」をテーマにした映画「扉のむこう」の上映会が30日、横須賀市日の出町の横須賀三浦教育会館ホールで開かれる。自分の殻に閉じこもる少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回「はせどんカフェ」のお知らせ!

横須賀市上町にある「R・R・ROOM」さんを会場として、第1回「はせどんカフェ」を行います。 これから、定期的に行う予定ですが、私の場合は、教育の課題を中心に、さまざまな課題について論議をしたいと思っています。  藤野さんの「カフェトーク」に一度参加させて頂き、なかなかおもしろかったので、RRROOMの鈴木さんと相談し、勢い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農作業は楽しい!地産地消の三浦半島野菜を

 今日は、うちの畑で午前中、汗を流しました。今年中学校に入った俊太朗と、じいさんとばあさんの4人で、汗を流しました。俊太朗は「手伝う」と言って畑に来たものの、最初は、虫を探したり、ブロッコリーの大きくなった木のようになった茎を抜く作業には、あまり乗り気ではありませんでした。  手作業が終わって、耕運機の運転が始まると、ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「金環日食」

▼5月21日、早起きをして4時前には起床。天気予報を見ると「曇・雨」。しかし、yahoo天気予報では、6時横須賀は「晴」とでている「ちょびっと期待」。 日食グラスは前日には、どこも完売。とりあえず、yahooの天気予報を信じて、自作でできないかネットで調べた。  ▼直接見ることは禁止、失明の危険・・・。 「黒い下敷き・ガラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日「おおつちありがとうロックフェス」

  ▼被災地の多くの地域で顕著なのは、昨年間秋以降、被災地から急激な人口流出が起こっていることです。仕事がないことや子どもの生活環境や学習環境を考えての転出が多いようです。仮設住宅の様々な課題や復興計画の停滞など複合的な課題が生じていると聞きます。   ▼新たなまちづくりには欠かせないマンパワーの不足もありますし、資金面、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいしい!復興支援

おいしい復興支援しています。大槌の河合商店の毛蟹!!! おいしいです。400グラムのこの大きさで小500円・中780円+ 送料。今日の蟹は中サイズ。  蟹味噌もたっぷり。オスの蟹で、身もしっかり入っています。どうするこの満足度。  仮設商店街の真ん中にある河合商店さんから宅急便が届きました。宅急便代を入れても安い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 Face to Face

 伝統芸能「虎舞」を特別に演奏・演舞して頂きました。 ▼横須賀から、大楠から、岩手県大槌町へと支援の輪を広げる取り組みを始めました。被災地のがんばっている若者たちと手を取り合って、横須賀から支援をしていきます。 その第一歩として、「よこすか/大槌ツーリズム」です。 ▼現地の状況視察を通じて、被災地が必要としている支援…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「つながりが絆になるとき」

  1月29日 秋谷海岸の夕日 「つながりが絆になるとき」  「絆」という言葉には荒っぽさは似合わない たおやかな自然な空気が「絆」には必要だ    もともと糸をお互いに半分づつ持っているんだから、強引さは似合わない すぐ切れてしまう糸だから、 心をこめて相手の思いを感じながら言葉を発しな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「たまゆら」というアニメと横須賀市がコラボするそうです。

「たまゆら」というテレビアニメが10月から始まるそうです。ネット上で大変話題になった女子高生が主人公のアニメ。 その主人公の中学校時代まで住んでいたのが、横須賀・汐入の設定。と言うことで、横須賀市とコラボしたようです。 8月には芸術劇場でイベントも予定されていたり、カレーをコラボしたり・・・いろいろ仕掛けてあります。横須賀市に観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EARTH 

 「EARTH」って、聞いたことがありますか。  兵庫県教育委員会と兵庫県教職員組合が一緒につくった「教員の災害救助チーム」のことです。 現在スタッフは150名ほとんど全員が学校現場の教職員で構成されているということです。  「Emergency And Rescue Team by school staff in H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災・被災地報告№1「まずは現地に」

私は選挙戦中から、東日本大震災の被災地の状況と震災対策を訴えてきました。 津波対策では、 ①・津波ハザードマップの改訂  ②・海抜表示板の設置  ③・避難路の点検と検証 ④要介護者(お年寄りや障がいのある方)のサポート体制の拡充の4点を政策に掲げました。 また、とりわけ、海岸の地区において、津波を想定した地域の総合防災訓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャベツとにんじんと・・

教育はいつでもすぐには結果が出ないから、悩んだり苦しんだりするものです。 あまり効果がすぐ出るような教育にろくなものはありません。 よく効く薬は副作用もあるものです。 体に優しく、じわっと効く、漢方薬のようなもの、 いや、薬と言うより、おいしい体にいい野菜に近いものなんだろう。 同じ野菜なら、ビタミン・ミネラル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

佐々木さんの安否情報が確認できました。

※おばあちゃんの許可を得て撮らせていただきました。 何日も事務所の前で、おばあちゃんをスタッフのS君が待っていましたが、今日久しぶりに道を渡ってくるのを見つけました。お風呂には最近は来てなかったということでした。(やはり)   おばあちゃんにもう一度、佐々木さんの住所や年齢を確認したところ、「知らない人が探してくれているんだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリから学ぶこと

チェルノブイリの事故は私たちにこれからの「福島第一原発」だけでなく、今後の原子力発電をどう考えたらいいのかの参考になると思います。 こうなってほしくないという願望を込め、チェルノブイリの現実から学ぶ必要があります。 一つのホームページを見つけました。 ロシア人のエレナさんが日本製のkawasakiのバイクでチェルノブイリに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問いかけてみよう、自分に・・友達に!

問いかけてみよう 自分に 友達に! 私たちが生きていく上で必要なものって何だろうって 空気  水  食べ物・・・それ以外に必要なものは・・・・ 家族・友達・家・・・ 今回、事故がないはずの原発に事故があった。 あってはならないはずの事故が起こって、それは、想定外だという。 想定外の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災の義援金カンパに参加しました。

3月11日の大震災から1ヶ月たちました。 この一ヶ月の中で私長谷川昇は何かできないか、何ができるのか、懸命に考えてきました。 地震・津波の被害・原子力のこと被災者ねさらに、「横須賀でもし津波が来たら」を想定して、何ができるのか。何があったらいいのか。 横須賀の場合は津波同様、崖崩れの被害も十分想定されます。どういった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセージ

私は中学校と高校で社会科教師を25年間してきました。これまで授業で関わってきた生徒は3000人、授業時間は30000時間は超えているのだろうと思います。 教師の仕事は本当に楽しい仕事です。何が楽しいかといえば感動のある仕事だからです。子どもが今までの自分を乗り越えた自分に出会う瞬間に出会う度に「素敵だなあ」って思ってきました。今思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more