テーマ:映画

映画「オーケストラ」 ブラボー!!

BSで放送した「オーケストラ!」という映画を録画で観た。ロシアが、ソビエトの時代に、ボリショイ管弦楽団を解雇された、指揮者が、元のメンバーを集めて、なりすましで、パリで公演を行う。 というのが大きなストーリーだが、その中での音楽が素晴らしくいい。   チャイコフスキーのバイオリン協奏曲が、この映画のテーマの中心に置かれ、ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「みつばちの大地」上映会が動き始めました。

 葉山町福祉文化会館で、2月7日14時からの予定で動き始めました。多くの人と一緒に上映会をつくり、みつばちのことを知ってもらいたいと思います。養蜂家の石井さんを中心として上映実行委員会を立ち上げる予定です。葉山町と横須賀西地区の皆さんと環境の問題、いのちにかかわる問題を共有しながら進めていきたいと考えます。こういった問題は様々な立場の多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画紹介  「豚と軍艦」~1960年代の横須賀を舞台にした伝説的な映画~

横須賀が舞台になった伝説的な映画「豚と軍艦」のDVDを買いました。1961年公開の日本映画。「楢山節考」「黒い雨」の今村昌平監督がとっている。長門裕之、吉村実子主演。 「基地の町・横須賀に米軍の残飯を流用した養豚でひと儲けをたくらむやくざ組織ががあった。豚の飼育係を任され一時出世の夢を見たものの、内輪揉めに巻き込まれて自滅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるごと横須賀~の「よこすかの映画を作ろう」ポスターができました。

「よこすかの映画を作ろう!!!」のA3サイズのポスターができました。横須賀市内のいろいろな場所に貼ることが出来たらいいなと思っています。もう既に希望する方達からのメールが多数来ています。とりあえず1000枚です。貼っていただける事業所をまずは募集中です。デザインは地元の吉森さんの作品です。文字の間の 「隠れキャラ?」探してみてくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「横須賀の映画を作ろう」 TunnelFilmsのホームページができました。

 「Tunnel Films」のホームページが立ち上がりました。横須賀で映画をつくろうという企画です。昨年の夏の「ばななとグローブとジンベエザメ」の上映会、3月には演技塾の開設、そうして、ようやく映画づくりの方向に本格的に動き始めました。本当に一歩一歩、迷いながら、みんなで考え、ここまでやってきました。 。  「まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科高原映画祭に、矢城監督の作品「カゾクノカタチ」が上映作品として選出されました。

第17回蓼科高原映画祭~小津安二郎記念~に、矢城潤一映画監督の「カゾクノカタチ」が上映作品として選出されました。この映画祭は、世界的な評価の高い小津安二郎監を記念して開催されて、17回目。  今年は、蓼科高原映画祭は、10月4日(土)・5日(日)長野県茅野市で開催されます。 矢城監督の出品は、昨年の「ばななとグローブとジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まるごと演技塾・体験版」開催決定! 3月2 日

▼高校の先輩たちを中心に、横須賀を舞台にした映画づくりが始まった。「まるごと横須賀の映画をつくる会」だ。地元出身の映画監督、矢城潤一監督を中心に、横須賀を大好きな仲間が、集まってきました。 ▼ Facebookも、1月のはじめは「いいね」が450であったが、1月中に1300を越えた。ものすごい勢いで、関心を持つ方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『100,000年後の安全』 無料配信 期間限定

『100,000年後の安全』 監督:マイケル・マドセン (2009年/79分/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア) 以前この映画を見て、驚愕した。放射能の管理にここまで徹底しているフィンランド。今、日本には、中間貯蔵施設はあっても、最終処理場はない。 フィンランドの最終処分場「オンカロ」は、岩盤をくりぬいた鉱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やなせたかしさんがお亡くなりになって、100日になります。

昨年10月13日、やなせたかしさんが亡くなって、明日25日で100日目。 あらためて、「アンパンマンのマーチ」の歌詞を繰り返し読んだ。アンパンマンはいう、「そうだ! 嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも」と、人生を生きていく上で、傷ついたり、亡くしたりいろんな傷をかかえながらも、「そうだ! 生きる喜びは嬉しいんだ。」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年あけましておめでとうございます。  横須賀から、日本中に世界に、夢を発信しよう !

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 明日から、役所も各企業もスタートです。今年一年が皆様にとって、よい年になりますように、お祈りいたします。   元旦のタウンニュースで、「まるごと横須賀の映画をつくる会」の記事が出ていました。矢城監督と松浦社長が、映画づくりについて語っています。見逃した方は、新聞を探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まるごと横須賀の映画をつくる会」が、正式に発足しました。

「まるごと横須賀の映画をつくる会」が、本日(10月19日)、正式に発足します。まず、第一作は、「(仮称)スカジャン・ブラザーズ」を制作して行きますが、監督が現在脚本を執筆中です。かなり書き上げてきているということで、楽しみです。  「まるごと横須賀の映画をつくる会」の会長は、横須賀高校32期の監督の同級生の松浦直三さんにお願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ばななとグローブとジンベエザメ」完売御礼。同作品が小津監督ゆかりの「蓼科映画祭」に参加決定!

▼御陰さまで、7月25日に、8月17日の「ばななとグローブとジンベエザメ」よこすか映画会のチケットは完売いたしました。13時・16時の2回上映で、500人・500人の1000人の観客予定です。  多くの市民の皆さんから厚い支援をいただきました。6日の発売開始から、約20日足らずで販売を完了するということで、驚いております。当日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジブリ最新作品「風立ちぬ」から

▼息子の俊太朗と汐入の映画館に行った。ギリギリの時間設定だったが、なんとか上映開始に滑り込んだ。 ケンタッキーのチキンバーガーをかぶりつきながら、上映が始まった。 ▼子どもの頃のシーン「空を飛びたい」という夢。近眼であることから、パイロットの夢はやがて設計士へ。20代で零戦の設計をした堀越二郎の自伝を元にストーリーは進め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今、「日本国憲法を考える」 No.2 宮崎駿「改憲もってのほか」

▼今、何が大切なのかしっかりと考えたい。 ▼宮崎駿監督「改憲もってのほか」、と7月19日の東京新聞で報道された。「熱風」(イタリア語で、ジブリ)という小冊子で憲法に関してのメッセージをアピールしたということだ。 pdf版もダウンロードできるようにしたという。 PDF版http://www.ghibli.jp/10info/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よこすかレトロNo.3 横須賀劇場・「ヨコ劇」

▼もうかれこれ、20年もたつのだろうか。横須賀中央駅前、旧丸井別館の五階に「ヨコ劇」といわれた映画館があった。当時は有楽座、名画座、スバル座などとあわせて4つの映画館があり、「横ビル映画街」といっていた。30才以上の横須賀市民の多くの方は、一度は足を運んだことがある映画館だろう。ダイエーの映画館ができる前は、映画館と言えば、「ヨコ劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ばななとグローブとジンベエザメ」よこすか特別上映会は発売好調です。

映画「ばななとグローブとジンベエザメ」よこすか特別上映会は発売好調です。 ◎日時 8月17日(土)第一回13時~・第二回16 時~  ◎場所 横須賀芸術劇場・ベイサイドポケット ◎チケット販売  1000円  ・芸術劇場チケットセンター・横須賀中央ヤジマレコード  ・上町RRROOM ◎三浦市出身・久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ばななとグローブとジンベエザメ」上映実行委員会を立ち上げました。

「ばななとグローブとジンベイザメ」の上映会にむけて このたび、映画監督の矢城潤一(本名・八木潤一郎)さんがつくった最新作「ばななとグローブとジンベエザメ」の特別上映会を行います。  今回は矢城監督の高校時代の同級生達が中心となって、同作品の上映会実行委員会を立ち上げました。この会の主旨は映画上映だけが目的ではありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ばななとグローブとジンベエザメ」メイキングビデオ

「ばななとグローブとジンベエザメ」上映実行委員会が立ち上がりました。8月17日の横須賀ベイサイドポケットでの上映に向けて動き出しました。なかなかの好評で7月6日から横須賀芸術劇場プレイガイドで発売します。メイキングビデオがありましたので紹介します。監督の素顔も伺えます。そのまんまです。 名脇役の女優・黒田福美さんが語る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢城潤一映画監督(横高32期・横須賀在住)の最新作品「ばななとグローブとジンベエザメ」横須賀で上映!

 県立横須賀高校(32期)出身・久里浜在住の 映画監督「矢城潤一」(本名・八木潤一郎)さんの最新作品「ばななとグローブとジンベエザメ」を横須賀での特別上映会を開催します。 当日は、監督・出演者の舞台あいさつなどもおこなう予定です。日程・場所は下記の通りです。                            記 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レ・ミゼラブル」がいい。

▼ヒュー・ジャックマンという俳優が演ずるジャンバルジャンがいい。もちろん、アン・ハサウェイの「夢破れて」もいいのだが、全体を通して、作品に緊張感とリアリティを出しているのは、ヒュー・ジャックマンの演技と歌である。冒頭の囚人のシーンの歌から、最後の歌まで、印象的なシーンが続く。 ▼ストーリーとしては、19世紀初頭、フランス革…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ばななとグローブとじんべいざめ」

▼先日高校の先輩達と一杯飲んだ。先輩二人は陸上部のすぐ上の先輩で、一緒にグランドで汗を流した仲だ。高校時代の思い出に花が咲いた。地元の銀行に勤めている先輩とは横須賀の経済の話、これからの横須賀の話を興味深くする事ができた。そんな話の中で、「八木君が映画監督やっているの知っている?」と聞かれ、30年ぶりに懐かしい八木先輩の顔を思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「のぼうの城」上映中

沖縄 中城(なかぐすく)城址 「のぼうの城」 ▼映画化され、現在ロードショー中の作品です。原作の方がとても面白く読めましたが、映画もなかなかですよ。石田三成役で、横須賀出身の上地ゆうすけ君が出ていますので、ぜひご覧になってください。お父様とは、議場でも委員会でも隣の席で毎回勉強させていただいています。大変すてきな50代で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日映画「扉のむこう」 横須賀三浦教育会館で

「身近な存在として感じてほしい」引きこもりがテーマの映画上映 /横須賀  神奈川新聞 2012年6月28日 「たくさんの人に見てほしい」と呼び掛ける小幡さん=横須賀市内  「引きこもり」をテーマにした映画「扉のむこう」の上映会が30日、横須賀市日の出町の横須賀三浦教育会館ホールで開かれる。自分の殻に閉じこもる少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「扉のむこう」上映会IN横須賀&トークセッション

) ▼試写会で「扉の向こう」を見させて頂きました。とにかく、凄い映画だ。教師であったり、子どもとかかわる仕事をしている人、保護者は必見である。 ▼映画は、ドキュメンタリーのように淡々とすすんでいく。家族・兄弟・学校そして自分。様々な視点から「引きこもり」という社会現象を描写する。決して明るく、楽しくなるような映画とは違う。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D映画「アバター」 観ましたか?

「アバター」を観ました。 実は、息子のシュンタロウと時間があったので、休日にふらっと何の目的もなく映画館に行きました。 「アバター」も名前程度しか知らず、「青い動物はきもちわるいのかな・・」程度の思いでした。 とりあえず、映画の開始時間で一番早いのがアバターだったので、入場券を買いました。 館内は結構人が入っていたの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

祝 「つみきのいえ」がアカデミー賞を受賞しました。

  第81回米アカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞した「つみきのいえ」(加藤久仁生監督)  「つみきのいえ」は、映像制作会社「ロボット」(東京都渋谷区)が製作した12分4秒の短編アニメです。海面がどんどん上がってくるために、家を上へと建て増し続け、まるで「つみき」のように見える家に住むおじいさんと家族との思い出を描いています…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more