テーマ:大槌

2012夏 被災地からの報告Ⅱ

▼岩手県大槌町で、今年4月30日に、横浜国大の宮脇先生が監修・指導し、横浜タイヤの協力を得て、がれきを土台において、その上に植林をするプロジェクト「千年の森」を見学してきた。 ▼大槌の河川敷にがれきを敷いて、その上に盛り土をして、木を植えた。大槌町民やボランティアの皆さんが集まった植えたものだ。夏を迎えても、元気に育っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012.夏 被災地からの報告Ⅰ

▼8月8・9日に岩手県沿岸部にかけて視察に行ってきました。今回も案内も含めて、釜石・大槌・陸前高田を中心に回ってきました。またしても大槌の復興食堂にお世話になって、大槌ツーリズムに参加させていただき、おいしい「おらが丼(いくらと鮭の丼)」を食べてきました。 ▼今回の仲間は、県内の各自治体の議員さんをお誘いして、視察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日「おおつちありがとうロックフェス」

  ▼被災地の多くの地域で顕著なのは、昨年間秋以降、被災地から急激な人口流出が起こっていることです。仕事がないことや子どもの生活環境や学習環境を考えての転出が多いようです。仮設住宅の様々な課題や復興計画の停滞など複合的な課題が生じていると聞きます。   ▼新たなまちづくりには欠かせないマンパワーの不足もありますし、資金面、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風向きが変わってきました

▼「震災がれきの処理の問題」は、「3.11の震災から一周年」を前後して、「震災がれきを入れない自治体は、被災地支援に協力しない非国民」と言う文脈のキャンペーンがはられ、マスコミの力で誘導されてきた。大楠地域は、島田市と並び、広域に反対する町内会・自治会として取り上げられ、非難された。 ▼「非国民」であるかのようなマスコミの度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大槌・がれきで森をつくるⅡ

▼がれきで森をつくるプランについて、以前、3月の終わりにプログで紹介いたしましたが再度紹介いたします。時代の流れは、こちらに移ってきているようです。ぜひ多くの人に紹介してください。「がれきの処理はこういった方法が一番です。」  ▼9000年先の津波まで対応できる凄いプランです。また、鎮守の森として、私たちの生活域に潤いをもたたらします…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おいしい!復興支援

おいしい復興支援しています。大槌の河合商店の毛蟹!!! おいしいです。400グラムのこの大きさで小500円・中780円+ 送料。今日の蟹は中サイズ。  蟹味噌もたっぷり。オスの蟹で、身もしっかり入っています。どうするこの満足度。  仮設商店街の真ん中にある河合商店さんから宅急便が届きました。宅急便代を入れても安い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 Face to Face

 伝統芸能「虎舞」を特別に演奏・演舞して頂きました。 ▼横須賀から、大楠から、岩手県大槌町へと支援の輪を広げる取り組みを始めました。被災地のがんばっている若者たちと手を取り合って、横須賀から支援をしていきます。 その第一歩として、「よこすか/大槌ツーリズム」です。 ▼現地の状況視察を通じて、被災地が必要としている支援…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よこすか/大槌ツーリズム

 おらが丼 800円 おらが大槌復興食堂 http://oragaotsuchi.web.fc2.com/menu.html おらが大槌夢広場 http://www.oraga-otsuchi.jp/index.html 被災地ツアー高校生が案内…岩手大槌の法人観光、復興の励み ▼津波被害を受けた大槌町で、被災地ツア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more