テーマ:原発

さようなら原発全国集会 in 亀戸から、横須賀原子力空母GW抗議集会

東京江東区の亀戸中央公園で「さようなら原発全国大集会」が開かれ、16000人(主催者発表)が参加しました。 集会は、デング熱問題のため、当初予定していた代々木公園から変更し、主催も「さようなら原発1千万署名市民の会・1000万人アクション」のみの中、16000人。 晴天の中、亀戸中央公園から、錦糸町までデモ行進の隊列が続き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉純一郎の「原発ゼロ」毎日新聞 風知草の記事から

8月の末に、毎日新聞の特集で掲載連れた記事だ。未来を見つめたとき、何が大切なのかきちんとした判断が政治家に求められる。小泉純一郎元首相、一線を退いたとはいえ影響力は大きい。「原発が必要かどうか」あらためて、論議していかなければならない。   風知草:小泉純一郎の「原発ゼロ」=山田孝男 毎日新聞 2013年08月26日 東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発集会・代々木公園17万人 凄い人でした。

「原発はいらない!」代々木公園に17万人 ▼7月16日、真夏の日差しの中で、全国から17万人が集まった。会場は熱気に包まれていた。集会に集まった方達の層は、かつての集会とは大きく違っている。お年寄りから子供まで、さまざまな方たちだ。あまりに人が多くて身動きができない。子どもの未来を心配する若い方達や子どもたちの姿が目に付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7・16 「さようなら原発10万人集会」へ!

日時:7月16日(月・休)12:15~ 会場:東京・代々木公園B地区全体(サッカー場、イベント広場、ケヤキ並木周辺) 内容:場内にステージを4~5ヵ所設置 ▼福島第一原発の事故は「人災」であると、国会の事故調査会が結論をまとめた。「人災」であるならば、誰が責任をとるのか。責任の所在を明らかにせねばなるまい。東京電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美しい村に放射能が降った」福島・飯舘村

東京から東北新幹線で1時間40分。  ※「美しい村に放射能が降った」~飯舘村菅野村長の決断と覚悟の120日~の本を夢中になって読んでいて気がついたら、福島駅だった。  さっそく伊達市での除染の状況を見学させて頂いた。校庭では小学生が体育の授業をしていました。 除染をしたことで、おおむね年間1ミリシーベルトの基準をクリアした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郡山の「除染」のネット配信から

一般質問で、福島の「除染」の質問をしました。 その中お話しした、郡山市長 原正夫さんが、郡山市立薫小学校で、お話をされているビデオがありました。  首長がきちんと判断していくことの重要性を改めて感じました。 画面で移っている山盛りのブルーシートの土は、ちょうど私が行った8月はじめには、隣に穴を掘って、埋めていましたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郡山の小・中学校を訪問しました。

全国で初めて「除染」を行った学校が郡山にあると聞いて、訪問した。「除染」とは、放射能の汚染から、放射能を取り除くための作業のこと。 どこでもやったことのない作業を、現場教職員と教育委員会の熱意と市長の決断によって、進められたという。   震災後、校庭の表土をはかると5~8ミリシーベルト/年、高いところで20ミリシーベルト/年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の放射能の影響と「除染」の状況を調査してきました。

東京から東北新幹線やまびこ号に乗って1時間半、福島駅のホームに降りた。駅のホームからショッピングセンターを通って、タクシーに乗る。町中を20分ほどタクシーに乗った。 街頭をぼんやりみていたが、何かがおかしいと感じた。何だろうと思って、はっとした 「子どもがいない」のだ。どこをみても子どもがいない。昔読んだ童話の「ハーメルンの笛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ガイガーカウンター」(線量計)が安く買えそうです。

放射線の線量を自分ではかる動きが進んでいます。行政に任せておけないという気運が高まっているからでしょうか。 牛肉から、今度は腐葉土からも高い放射線が出てきたという報道がありました。心配です。とにかく、流通してから発覚するという状況が続いていることが、心配に拍車をかけています。「自分の身は自分で守ろうと・・」 とりわけ、小さなお子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリから学ぶこと

チェルノブイリの事故は私たちにこれからの「福島第一原発」だけでなく、今後の原子力発電をどう考えたらいいのかの参考になると思います。 こうなってほしくないという願望を込め、チェルノブイリの現実から学ぶ必要があります。 一つのホームページを見つけました。 ロシア人のエレナさんが日本製のkawasakiのバイクでチェルノブイリに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問いかけてみよう、自分に・・友達に!

問いかけてみよう 自分に 友達に! 私たちが生きていく上で必要なものって何だろうって 空気  水  食べ物・・・それ以外に必要なものは・・・・ 家族・友達・家・・・ 今回、事故がないはずの原発に事故があった。 あってはならないはずの事故が起こって、それは、想定外だという。 想定外の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災の義援金カンパに参加しました。

3月11日の大震災から1ヶ月たちました。 この一ヶ月の中で私長谷川昇は何かできないか、何ができるのか、懸命に考えてきました。 地震・津波の被害・原子力のこと被災者ねさらに、「横須賀でもし津波が来たら」を想定して、何ができるのか。何があったらいいのか。 横須賀の場合は津波同様、崖崩れの被害も十分想定されます。どういった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

leap3をつくりました。震災版です。

3.11東日本大震災から様々な教訓を学び、 「災害に強い横須賀」にむけて早急にとりくみます 3月11日、東北・関東大震災において亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された多くの様々な困難の中での生活を余儀なくされていることに対して一日も早い復興を願っています。▼今、日本は大震災・津波・さらには福島第一原子力発電所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力発電について考えましょう

福島第一原子力発電所の津波による事故は、「想定外」ということで済まされるものではありません。 事態の一刻も早い収束と、今後近隣の福島の住民が安心してすむことができる環境に戻すことができるのか大変心配です。東京電力・政府の対応は一生懸命やっているようですが、本当に危機的な状況は改善されていません。  東京電力と政府やマスコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more