佐々木さんの安否情報が確認できました。

画像
※おばあちゃんの許可を得て撮らせていただきました。

何日も事務所の前で、おばあちゃんをスタッフのS君が待っていましたが、今日久しぶりに道を渡ってくるのを見つけました。お風呂には最近は来てなかったということでした。(やはり)
 
おばあちゃんにもう一度、佐々木さんの住所や年齢を確認したところ、「知らない人が探してくれているんだから自分でも探そうと思って」といって、佐々木さんの住所を書いたメモをお持ちでした。

そこで、メモをコピーさせていただき、住所を確認して、「googleの安否情報」で再度確認したところ、住んでいる町も同じで、息子さんの名前も同じ方が、「生存しています」となっていました。さらに、避難している場所も確認できました。 おばあちゃんに、「この人で間違いないね」と確認し、おばあちゃんとうちのスタッフと握手をして喜びました。「良かったねえ・良かったねえ。」 

「家は流されたが、家族は無事。大船渡の伯父さんの家にいる」ということでした。
おばあさんに安否情報をプリントしてお渡ししました。 本当に良かったです。おばあちゃんは何度も何度も「ありがとう」「ありがとう」といって帰って行かれました。

おばあさんの名前・連絡先も確認しました。(これで待っていなくてすむかも)

なんだか、選挙そっちのけで、安否情報を探したり、被災地情報をくまなく探したり、死亡者リストをら見たりしながらいろいろなことがわかりました。 こちらの方がお礼を言いたいぐらいです。

まあとにかく、そういうことを真剣に取り組めるそして、喜び合えるスタッフで良かったなあと思います。ありがとう。

もちろん、だめな場合も想定していましたが、そうでなくてよかったのですが、

一方で12,000を超える死者と14,000を超える行方不明者がいることも事実であること。一人ひとりの命と一人ひとりの未来が一瞬にして失われたこと。
  多くの人の命の尊さ、 「命ドゥ宝」    合掌


"佐々木さんの安否情報が確認できました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント