「日中交流・子ども使節団」、5年目の同窓会。私たちは、中国との関係改善を祈っています。

画像


10年間(1999~2009)、横須賀の小学生と中国の遼寧省瀋陽(旧奉天)の寧山路小学校との相互のこどもたちの使節団でした。瀋陽は、戦争中も多くの日本人が移り住んだ満州の中心都市。日本との関係も他の地域よりも深い地域です。そのと瀋陽市との交流を続けてきました。
その何回かは、わが家でもホームステイを何回か受け入れてきました。それも楽しい思い出です。

画像
 
今回は、私も同行した2009年8月にこどもの訪中団に参加した小学生達(当時)と5年ぶりの再会しました。5年経って、中学生、高校生になり、みんな大きくなりました。久しぶりに子ども達にお会いしてお話しました。

画像

中国の小学生と交流、言葉もわからない中で中国のご家庭にホームステイさせていただいたことや中華の味、出てきた料理などのほか、異国の地での様々な体験も印象深く残っているんだなぁと関心しました。

画像

 また、近年の日中関係の悪化に大変心配したりと、お互いに子どもの頃に感じた異国の文化と友好の思いは、今でもしっかりと残っているようです。東アジアの平和が保たれるように、私も日中の架け橋として力を尽くしたいと思います。 


 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック