まるごと横須賀~の「よこすかの映画を作ろう」ポスターができました。

画像

「よこすかの映画を作ろう!!!」のA3サイズのポスターができました。横須賀市内のいろいろな場所に貼ることが出来たらいいなと思っています。もう既に希望する方達からのメールが多数来ています。とりあえず1000枚です。貼っていただける事業所をまずは募集中です。デザインは地元の吉森さんの作品です。文字の間の 「隠れキャラ?」探してみてくださいね。


「まるごとよこすかの映画をつくる会」は、一般社団法人Tunnel Filmsを立ち上げて、本格的な活動を開始しました。 市民の多くの皆さんに、横須賀市民の手で、映画をつくるプロジェクトを知っていただき、参画していただくために、ポスター、リーフレットを作りました。
 まずは、10月5日、「横須賀さかな祭り」でブースを出して、リーフレットの配布と、多くの皆さんに、協賛をお願いする予定です。

「横須賀さかな祭り」
10月5日(日)横須賀魚市場 朝7時~12時

「さかな祭り」 http://cocoyoko.net/event/sakana-fes.html

画像


一口、5000円~の協賛金をお願いしています。(特典として映画鑑賞券・公式ホームページに名前記載)など、市民の皆様と一緒に映画づくりをすすめます。

画像


「横須賀の映画を作り隊」の旗をかかげて、これからも様々な場所で、ブースを作り。情宣活動を行います。ぜひお声をかけてください。
画像


タウンニュース 8月29日

画像

「横須賀在住の監督による、横須賀を舞台にした”オール横須賀”の映画を作ろう」―という企画が本格的に動き出した。映画監督・脚本家の矢城潤一さん(横須賀高校出身)を中心に、高校の同級生らが昨年、『まるごと横須賀の映画をつくる会』を結成。「映画で横須賀の魅力を発信し、地域の活性化につなげたい」と、企画製作を進める一方で、賛同者を募る活動も始めている。
画像


 きっかけは昨夏行われた、矢城監督の作品「ばななとグローブとジンベエザメ」の地元上映会。これを機に集まった同級生らが、「横須賀を舞台にした映画を作りたい」という矢城監督の構想に賛同。昨年末に『まるごと横須賀の映画をつくる会』を結成し、”オール横須賀”の映画製作に向けて活動を開始した。「海や山、そして独特の街の雰囲気。横須賀にはさまざまな”顔”があり、映画の舞台として魅力的」と矢城監督。
画像


『つくる会』の松浦直三会長も「観終わって、”横須賀っていいよね”と思える映画にしたい」と話す。矢城監督による脚本も仕上がっており、タイトルは「スカジャン兄弟(ブラザーズ)」。舞台はもちろん横須賀。キャストは地元ゆかりの俳優を中心に構想中だという。市民エキストラの募集も計画しており、来年のクランクインを目指している。
画像


映画づくりを市民の手で

 通常、映画製作は実際の制作(撮影・編集など)以外にも企画立案や配給・興業など多くの企業が関わることが通例だ。同会では、企画から製作まで市民を中心に行うことを目指し今月、一般社団法人「Tunnel Films(トンネルフィルムズ)」を立ち上げた。市内で製作運営を行い、コストを抑えるとともに、製作資金を市民協賛金から賄う方針。個人協賛は5000円から10万円で、金額に応じて、作品の公式ホームページへの氏名掲載や撮影(エキストラ)への参加、鑑賞券の進呈などのメニューを用意している。
画像


 また、映画・撮影に関する情報は、フェイスブックページ(まるごと横須賀の映画をつくる会)で随時発信。「いいね」のクリックでサポーター登録となり、撮影情報も得られる。現在は、映画のシーンとして使いたい場所の写真と推薦コメントも募集中。「メーンとなるのは本町の商店街。横須賀を中心に三浦半島全域で”この場所をぜひ映画に”というスポットを投稿してください」とのこと(募集は9月30日まで)。今後は、ポスターやホームページなどで周知を図るとともに、市内の駅前やイベントで協賛活動を行っていく予定。

製作に関する詳細は、トンネルフィルムズ【電話】046・866・0074

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック