クーベルチュールチョコで、「極上ガートーショコラ」

画像


ガトーショコラが口溶けチョコを使うことで、グレードアップしました。クーベルチュールという言葉は、友達のパティシエに聞くまで、知らなかった。「なにそれっ」て感じで、お話を聞くと、「ガーナチョコなど、製品でチョコとして売っているものは、そのまま食べるのが一番美味しく出来ている。」「クーベルチュールは加工用で、パティシエは、これしか使わない。」というので、取り寄せました。多少高いのですが、計算するとそれほどでもない。ガーナチョコが70グラムあって、100円程度だが、・・クーベルチュールは、1㌔2,000円程度。 
やっぱり高いか。
しかし、口溶け感は何ともいえない。カカオバターは28度で溶けるらしい。口の中で、トロっと溶けます。是非お試しを。

画像



バレンタイン❤「極上ガトーショコラ」

ガトーショコラのチョコレートをクーベルチュールに格上げしたら、口溶けチョコになりました。口の中でとろけますよ~。はせどん1192

材料 (8)
卵6個
砂糖80グラム
クーベルチュールチョコ200グラム
バター(無塩)70グラム
小麦粉(薄力粉)30グラム
ココアパウダー50グラム
生クリーム(動物性)50cc
粉砂糖(仕上げ用)10グラム
チョコレートリキュールお好みで適量


1  クーベルチュールを刻む

カカオバリー社のクーベルチュールのチョコレートを200グラム。包丁で削る。
1㌔で2000円程度amazon 送料無料

2  メレンゲを作る

卵を、卵白と卵黄に分け、卵白を泡立てて、メレンゲにする。そこに砂糖を入れて、また、泡立てる。

3  チョコとバターを溶かす

クーベルチュールチョコとバターを電子レンジ(湯せんでもいい)で溶かして、卵黄を加えて混ぜる。

4  とにかくみんな混ぜる。

2の中に、3を入れて、さらに、小麦とココアパウダーを交互に、少しずつ混ぜ合わせる。最後にクリームを入れまぜる。

5 まぜたら、紙の型に入れてオーブンへ

オーブンで170度45分で出来上がり。

6 出来上がったら 粉砂糖でお化粧 

粉砂糖をまぶして、出来上がり。

※作り方は、クックパッドにのせました。
クックパッド

http://cookpad.com/recipe/2486982

クーベルチュールチョコレート
http://item.rakuten.co.jp/maruco-marusan/c/0000000155/


<blockquote>市販の板チョコと製菓用チョコレートの違いは風味や口溶け。製菓用チョコレートのなかでも「クーベルチュール・チョコレート」は「カカオ分が35%以上で、カカオバターが31%以上含まれる」「カカオバター以外の代用油脂は5%まで」という厳しい国際規格をクリアした最高のお菓子材料です。
一方市販の板チョコはカカオバター以外の油脂を添加するなど様々な配合がされており、カカオ本来の味を楽しむには不向きです。
クーベルチュール・チョコレートを使うと、カカオ本来の味を楽しめる、ワンランク上のお菓子に仕上がります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック