「ばななとグローブとジンベエザメ」上映実行委員会を立ち上げました。

画像
「ばななとグローブとジンベイザメ」の上映会にむけて


このたび、映画監督の矢城潤一(本名・八木潤一郎)さんがつくった最新作「ばななとグローブとジンベエザメ」の特別上映会を行います。


 今回は矢城監督の高校時代の同級生達が中心となって、同作品の上映会実行委員会を立ち上げました。この会の主旨は映画上映だけが目的ではありません。この先、何年かかるかわかりませんが、監督と一緒に横須賀を舞台し、横須賀出身の俳優さんを中心にした、「まるごと横須賀の映画づくり」を考えています。

 その第一ステージとして、最新作の上映会をすることを考えました。第二ステージは、横須賀の高校生・中学生を対象に、映画講座と映画塾を開催する予定です。そして第三ステージとして、横須賀出身の俳優さんや女優さんに出演していただき、横須賀の子ども達や市民の皆さんをエキストラとして配役し、市民参加の映画作りを考えています。

 映画を鑑賞するだけでなく、製作するサイドに市民の皆さんが主体となって映画が作れたらと思っています。横須賀が元気になるきっかけとして、映画は大変有効な手段だと思います。また、映画づくりを通じて、人と人のつながりが築けたらと思います。さらに、横須賀から全国に、横須賀から世界に、感動を発信したいと考えています。 

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック