横須賀の新名所「よこすかポートマーケット」がオープン

画像


▼横須賀中央駅とよこすかポートマーケットを結ぶ、巡回バスが走ります。横須賀中央駅~大滝町~三笠~ポートマーケット~市役所~横須賀中央駅のルート。ポートマーケットでお買い物をして、大滝町商店街や三笠通りに観光客を巡回させたいという狙い。

▼当初、ワンコイン100円で、私の会派でも強く意見反映したが、京浜急行が同一路線で170円区間があるので難しいと、最終的には、170円に。100円なら利用者もある程度いるが、「170円ではどうかなあ」と心配です。とにかく、まずはスタートします。かわいいバスが市内を走ります。是非乗ってください。

▼さてさて、ポートマーケット。横須賀の新港埠頭の一番奥のスペースに大きな冷蔵倉庫をリフォームして、地産地消のマーケットが誕生しました。中のテナントは横須賀の地元の業者の中から選りすぐりの業者が選出されました。

画像


▼「長井水産」は、今日はイワシのすり身が半額。大きなカニが並んでいました。お店から「お兄ちゃん~」と関西弁で話しかけてきたのが、Kさん。私と顔が似ているので、「兄弟」という事になっています。地元のお友達です。 イワシのすり身購入。


画像


▼右手に、見ると「さじま屋」さん。佐島の平野さんがやっているお店。横須賀の「なぶら」は大好きでよく通っています。入口にも「なぶら」ポートマーケット店も開店。佐島産の美味しいものがいっぱい。今日の目玉は、「あかもく」という海藻。とろっとした海藻で、美味しい。それに、佐島と言えば、「しらす」。釜揚げシラスは。絶賛です。私は、金目鯛を一本買いました。平野さんだけでなく、佐島の漁師さんのチームでやっているとのこと、ぜひ盛り上げていきたいです。頑張れ「さじま屋」さん。

画像


▼さらに、左側にお肉屋さん。葉山牛や鶏・卵など、横須賀のものが立ち並ぶ。鶏肉が安かったので、もも肉と胸肉の美味しそうなのを購入。カレーでも作ろうかな。さすがに葉山牛は高かったので今回は断念。肉は「コーシン」がやっています。コロッケがおいしいですよ。

▼さて、野菜コーナー。「ファームハウス・ガーデン」が担当。横須賀市の旬の野菜たっぷり。ブロッりーにキャベツ・大根・人参・美味しいもの一杯です。新鮮な野菜で一杯です。

▼パン屋さんや、土産屋さんも充実。パン屋さん「カフェ・ド・クルー」に入ると、教え子の一人が、かわいい店員さん。一生懸命仕事している姿にうれしく思いました。しらすパンとカレーパンを購入。

画像


▼入口に戻ると「関口牧場」の牛乳を使った、ジェラード。関口牧場の関口君は地元長坂の後輩です。中学校時代一緒にブラスバンドをやっていた仲間。ここのアイスクリームは絶品。是非お試しあれ。

▼地元産品の地産地消というだけでなく、地元の雇用も生み出し、観光集客も増進するという新たなスポット誕生です。横須賀に人が集まるきっかけとなる施設になるといいと思います。

▼また、地元の産品が西海岸地域の魚・野菜・卵・肉・ジェラード等、かなり多くあります。西海岸は、可能性のいっぱい詰まった地域だと改めて発見です。 


画像


よこすかポートマーケット
http://www.portmarket.e-yokosuka.jp/index.htm










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック