究極の「ガトーショコラ」近づきました。 バレンタインにぜひおすすめです。

画像

▼先日、パティシエさんとガトーショコラの作り方を意見交換しました。一つは、卵の黄身をいれるかどうかということですが、黄身をいれると、小麦を適量いれないと「ういろう」のようになる。小麦をいれすぎるとスポンジケーキになってしまうので、生チョコ風ガトーショコラの作り方を、ああだこうだとお話ししました。

▼その中で、パティシエさんから「チョコをクーベルチュールにしたらいかかですか。全然違いますよ」という事でしたので、これまでのガーナチョコから、クーベルチュールに切り替えてみました。

▼クーベルチュールをネットで検索すると、フランスやベルギーのチョコの会社が、製菓用に作っている事がわかりました。解説を読むと、市販のチョコは、それで美味しいと感じるようにできているので、溶かして使うと味が落ちる。ということで、パティシエは「クーベルチュール」とよばれる製菓のためのチョコを使うということらしい。
画像


▼チョコレート会社が何十社もある内から、価格・評判で良さそうな「カカオバリー」という会社の「エクセランス」というものを取り寄せた。1㎏2,000円だが、100㌘200円ならば、高級チョコに比べれば比較的安い。ガーナチョコが55㌘で100円前後なので、同じぐらいということになる。

http://www.nichifutsu.co.jp/alimentaire/008551.html

▼解説には、「バリー社の自信作であり、ヒット商品。他社が競って類似品を作ろうと試みましたが、今だ匹敵するものはありません。」とある。 「これはどんなものか食べてみなければならない。」と思い、取り寄せることにした。
画像


▼ゴディバのリキュールはチョコレートリキュールで以前買ったことがある。香りがいい。チョコの上品な香りだ。

画像


さて、手作りガトーショコラのレシピを書きます。

□必要なもの

□クーベルチュールチョコレート 200㌘
□卵6個
□ココア(純ココア・森永) 30㌘
□砂糖            70㌘
□無塩バター        100㌘
□ホットケーキミックス   30㌘
□リキュール         少々
□粉砂糖           適量
以上

□手順

1.クーベルチュールチョコレートとバターをレンジで1分 適度にとろけたものをかき混ぜる。
2.卵を黄身と白身に分ける。白身は泡立ててメレンゲにする。
3.黄身は1.のチョコとバターの溶けたものの中に入れかき混ぜる。
4.メレンゲに砂糖をいれてさらに、泡立てる。そこにココアとホットケーキミックスをいれさくさくと混ぜる。
5.そこに、3のチョコとバターと黄身の混ぜたものをかき混ぜる。

6.適量のリキュールを混ぜる。  完成。 これだけです。

後は型に入れて・・・・・170度のオーブンで45分~50分焼くとできあがり。

必ず、冷蔵庫で冷やしてから、粉砂糖をふるって食べてください。 とろけます。
※クーベルチュールは、カカオバターでつくってあるので、口の中の体温で溶けるらしい。この口溶け感はすごいです。

▼所要時間は10分でできます。簡単ですごい美味しい。家族には、絶賛されました。娘は、「今日友達の誕生日だから」という理由でふたきれ持って行きました。まあ、美味しいといってくれる方に、おわけしましょう。
 今回のガトーはたくさん食べるものではなく、珈琲を食べながら少しづつ、チョコの口溶け感を楽しみながら味わいながら食べるのがよいようです。カカオバターのなめらかさと上質なチョコの風味が口に残ります。
 お試しください。


▼ガトーショコラは甘いので、一緒に飲みたい珈琲は、「キリマンジャロ」と日本では呼ばれていますが、「タンザニアのキボ」という珈琲が美味しいです。私はブラックでいただきますが、珈琲はブラックでも砂糖、ミルクたっぷりでも美味しいです。

画像