大槌・がれきで森づくり

画像

大槌町が東日本大震災の復興計画に掲げる「鎮魂の森」づくりが30日、スタートした。住民とボランティアが震災がれきの上の盛り土に約3千本の苗木を植樹。がれきの上に植樹をして防潮堤とする全国初の試みで、処理の迅速化も期待できそうだ。町は今後、中心部の海側地域で用地取得を行いながら本格的な森づくりを進め、震災の記憶を継承する拠点とするとともに成長した樹木で津波被害を軽減させる。

 町は、景観保護と建築制限が予定される災害危険区域の活用策として、犠牲者を慰霊する鎮魂の森を計画。今回の津波では樹木につかまって助かった人もいることなどから、命や財産を守る防潮堤の役目も担う。

 同日は、趣旨に賛同した横浜ゴム(東京都港区、南雲忠信代表取締役会長兼CEO)が同町小鎚で植樹会を開催。森づくりの第1弾として碇川豊町長や細野豪志環境相、町民ら約450人が参加した。

 碇川町長は「がれきは単なる廃棄物ではなく被災者の生活、遺品の一部。鎮魂の森に用いることで、震災を風化させないよう全国に発信したい」とあいさつ。震災直後からがれきを活用した防潮堤づくりを提唱する、宮脇昭横浜国立大名誉教授が苗木の種類や植樹方法について説明した。

 今回はモデルケースとして町浄化センター敷地内の約50メートルに、町内で発生したコンクリートや木材、土砂などのがれき約4トン分を運搬。上から土をかぶせ、高さ約5メートル、幅約15メートルのなだらかな山型の斜面に整備した。

 町民やボランティアは、斜面に丁寧に穴を掘り、タブノキやヤマモミジなど16種類の苗木を植えた。10年後には10メートル以上の高さに育つという。

 町は今後、中心部の海側で地権者との用地交渉が終わり次第、本格的な「鎮魂の森」の整備に取り掛かる予定。緑地公園や交流スペースとしての活用を検討する。


【写真=「命を守る森に育ってほしい」。震災がれきを利用した盛り土に苗木を植える参加者=大槌町小鎚】


▼政府は広域処理を強引に進めるのでなく、最初から「がれきで森作り」など、現地での活用に着目した政策をとるべきだった。 しかし、こういった動きを環境省も進んで動き出したことは大変重要だ。宮脇さん(横浜国大名誉教授)のプロジェクトの推進によって、芦名や大楠を悩ますがれき問題も終結に向かえばよい。
細野環境大臣は「、「がれきの広域処理と平行し、スピード感を持って進めたい」とのコメントであるが、広域一辺倒だった環境省が、一歩違う方向に動き出した事は大きい。

▼4月28日に「よこすか/大槌ツーリズム」の参加者で、地域の方を含めて40名ほどで、報告会を開催した。大槌の様子とがれきの搬入について参加者と意見交換をした。多くのツーリズム参加者が、「被災地に行って学ばせてもらった。多くの人を誘って今度また行きたい」と感想を述べていた。 実際に行ってみて、「がれきはあるが、復興については、がれきが復興の妨げというわけではなく、雇用・住宅・教育・人口流失など、将来を危ぶむ声のほうががより大きい」と現地の方との交流で感じたことなどが伝えられた。

▼大槌の地元の声を聞いて、参加者から驚きの声があがった。「今までがれきの事では心を痛めていたが、がれきは宝物であり、復興の妨げではないということを聞いて、新たな支援策を考えることが必要。」という感想が数多くあった。ぜひ他の人にも現地の声を聞いてもらいたいと言う方が多く、次のツアーの実施を求める声も大きかった。第二回も考えています。 
参加者は芦名や大楠地区の町内会の方が中心でしたが、がれき焼却灰の持ち込みには反対の発言が多かったです。

▼「鎮魂の森」は本当に重要な施策と感じている。広域処理ではなく、WIN・WINの関係が成り立つ政策にすぐに転換すべき。そういった提言に知恵を絞らなければならない。黒岩知事も、神奈川として「鎮魂の森プロジェクト」支援に転換する決断をすれば、県民は支持します。

▼改めて、私たちは大槌の地元も望んでいる「鎮魂の森」プロジェクトなどに参加しながら復興支援策を考えていきたいと思います。さっそく、地元と連携を取りながら、大槌ツーリズムと鎮魂の森の植樹をセットにした復興支援を進めていく予定です。 

この記事へのコメント

「大槌・がれきで森づくり」について
2012年05月04日 13:40
友達のご主人が、以前にがれきの防潮堤に植樹するお話をされていて、素敵だなと思っていました。
このように実現したこと、多くの方にとっては大切な家や、家財道具、思い出だったものを「鎮魂の森」として思い続けて行くことができることは素晴らしいなと思いました。

また、処理にあたっては、どこの地で処理するにしても適切な検査や処理方法をもってしていただき、現地の方たちの健康が損なわれることないよう願っております。


趣旨に賛同された横浜ゴムさんのHPみました。
http://www.yrc-pressroom.jp/html/201242015mg001.html


ご報告どうもありがとうござました
ひろ
2012年05月06日 00:02
ブログ更新ありがとうございます!
(▼4月27日に → 28日かなと)
池田こみちさんのお話を一度お聞きしたいと思いつつ機会がなくきておりましたので、
動画アップありがとうございました。
環境行政改革フォーラムのサイト、初めて拝見しました。ボリュームが多いのでゆっくり読ませていただきます。

この記事へのトラックバック