2.17 がれき受け入れ 撤回要請提出へ

  
がれき受け入れ 撤回要請提出へ 2012年02月17日
画像


東日本大震災のがれき受け入れについて、県の最終処分場がある横須賀市の地元町内会は、黒岩祐治知事に受け入れ計画の撤回を求める要請文を提出する。17日に代表者が黒岩知事に面会し、要請文を手渡す予定だ。

 撤回を要請するのは、横須賀市西北部の10町内会で作る大楠連合町内会(長谷川俊夫会長)。県が連合町内会に所属する地元の町内会と「県外の廃棄物を持ち込まない」という協定を交わしているにもかかわらず、地元に説明もなくがれきの搬入を表明したことを問題視している。

 要請文では、将来的に高い放射線量の汚泥焼却灰などが搬入される可能性があること、健康への被害の懸念、風評被害への不安などを理由に、がれき持ち込みの撤回と、地元町内会との協定改定の断念、今後は個別交渉をしないことなどを求める。

大楠連合町内会は5日、役員会で受け入れ拒否を決議し、15日までに役員が拒否の声明文とともに要請文にも署名した。
 大楠連合町内会の長谷川会長は朝日新聞の取材に対し、「知事が強気の発言を続けているため、地域の将来を考えた上で計画の撤回を求める」と説明する。町内会の関係者は「強引なやり方や、あいまいな説明に納得がいかない。安全かどうかも心配だが、知事を信頼できないことも大きい」と話している。

(矢吹孝文)

▼町内会長さんたちが、今日提出です。11時20分~50分の間で30分の時間で渡したそうです。決議文と要請文を読み上げて、知事が返答をしたようです。知事は、手続き上のことについては、謝罪しましたが、持ち込みについては引き続きお願いしたい。という姿勢は変わっていないようです。連合町内会からは、持ち込みは許さないことをあらためて、伝えたと聞いてます。また、明日の新聞の記事になると思います。

▼「協定書」については、「それを超えた法律を作って、無理やり協定書を無視することはしない」と、県から話があったようです。







この記事へのコメント

いけどん
2012年02月17日 19:17
お疲れ様です。夜な夜なの成果でここまで たどり着け着きましたが、まだ一里塚ですね。引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m ドリンクバーの概数ないかな(笑)
いけどん
2012年02月17日 19:19
回数券だった(笑)
はせどん
2012年02月18日 10:26
卒業生君、 間違えてコメントが消えてしまった。
ゴメン。神奈川新聞はああいう書きかたになっていますが、朝日は「受け入れる余地はない。話し合いを続ける予定もない」と書いています。町内会の意向は撤回です。神奈川の記事は県の期待も込めた記事ですね。朝日は個別交渉もしない。と書いています。
その通りです。

この記事へのトラックバック