1月30日 県庁の説明会から

画像


震災がれき県受け入れ:地元と直接交渉へ、最後の対話集会も平行線/神奈川

2012年1月31日


 
震災がれきの受け入れをテーマに、黒岩祐治知事と県民が直接意見交換する対話集会が30日夜、県庁で開かれた。今回も「何とかして被災地を救いたい」と訴える黒岩知事に対する賛同はなく、会場の声は反対一色。対話集会の日程はこれで終了し、今後は最終処分場の地元町内会を中心とする直接交渉へとシフトする見通しだ。

 がれき受け入れの是非について県民と意見交換する対話集会は、焼却灰埋め立て予定地(横須賀市芦名)の地元説明会を含め、事実上3回目。環境省や岩手県幹部らも同席した大会議場には約220人が集まり、前回に続き怒号が飛び交う中でやりとりが続いた。

 放射能汚染に対する懸念に対し、黒岩知事は従来通り「放射能に汚染されたがれきではない」といった主張を繰り返したが、行政に対する不信の声でかき消された。国や県による安全性に関する新たな科学的根拠なども示されなかった。

 3回の意見交換会で受け入れに向けた道筋をつけたかった黒岩知事だが、前提となる「地元の理解」の獲得は現時点で困難な見通し。知事は閉会後、「厳しさをあらためて痛感した。仕切り直して地元の皆さんと膝を突き合わせながら語っていきたい」と述べ、引き続き受け入れへの強い意欲を示した。


▼説明は、通り一遍の説明であった。横須賀で説明したときと大きく変わった内容はなかった。ただ参加者はずいぶん違っていた。放射能被害を心配する若いお母さんたちお父さんたちが多いことがわかった。20才から40才代前半の方達を中心に広がっているのだろう。この間の政府の対応、放射能報道に対しての不安感から、「子どもの命を放射能の影響から救いたい」といった想いからだ。こういった方達が、ずいぶんと積極的に発言していた。
今回は、そういった意味では、「放射能を心配をする気持ちからの質問」が多く、発言者は全員が、搬入反対の意見。

▼地元からの参加者は、私の知っている方は10人そこそこしかいませんでしたので、ほとんどは、県内各地からの方だと思います。焼却場の課題として、相模原・横浜・川崎の焼却場の付近の方達から、バグフィルターの信頼性と環境の心配が指摘されていました。 

▼バグフィルターについては、青木さんの講演で盛んに言われていました。東京新聞の特集がありますので、ぜひご覧になってください。 今後問題になってくるかもしれません。

画像


画像



「みんな楽しくハッピーがいい」さんのブログから  青木さんの講演会の様子が出ています。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1438.html

この記事へのコメント

Mahiroli
2012年02月04日 00:35
長谷川さん。横須賀市民です。灰の受け入れ絶対反対です。

瓦礫の件でいろいろな人が動き大きな話題になっています。

ベクレルを検査し、一般の人が立ち入らない処分場に、瓦礫や灰を受け入れることで五百人も人が集まり大騒ぎになっています。

一方、横須賀市の学校では宮古の瓦礫よりはるかに汚染された放射能土が校庭に埋められています。

誰も騒いでくれません。町内会長も知らんぷりです。

汐入中では毎日生徒や先生が通る正門脇に、公郷中ではなんと百六袋も校庭に埋設されています。

土壌調査すらされずに、ほとんどの学校では保護者や近隣住民に事前説明もなく勝手に埋められました。

空中放射線量から推察するに数万ベクレルオーダーの高濃度です。

近隣住民も町内会もだんまりです。

横須賀市や教育委員会からの説明会も無しです。

誰も騒いでくれません。
続く)

Mahiroli
2012年02月04日 00:38
続き)

百ベクレルの瓦礫で大騒ぎしている人たちは万ベクレルの土が勝手にこどもたちのすぐ近くよりによって学校に埋められても何故黙っているのですか?

瓦礫や灰を食べろとは言われていませんが、横須賀市の給食では事前検査で汚染が確認されているにも関わらず、豚肉がこどもたちに提供され、こどもたちは「基準値以下なので食べろ」と言われています。

瓦礫反対の人はこの件を全然問題にしてくれません。


何故ですか?

まだまだ続く)
Mahiroli
2012年02月04日 00:41
続き)

瓦礫反対の人が守りたいものって何ですか?

地元の自然?環境?地域の農業?自分の土地?地価?

それってこどもたちの健康や安全より大事なものですか?

こどもたちの実際の生活、健康、安心より優先させてうまくいく活動なんてありませんよ。


宮古の瓦礫の汚染は「基準値以下」でも長谷川さんは反対していますが、横須賀市の学校では基準をはるかに越えた汚染土がこどもたちの目の前で二ヶ月以上も放置され、何度も台風で舞い上がり、運動会が開催され、揚句の果てにこどもたちの生活の場にフレコンバッグも無しにビニールに入れ、土を被せた瞬間に破れるような状態で埋められています。

汚染給食は「これから来るかも知れない汚染」ではなくてすでに横須賀のこどもたちに食べさせられています。

Mahiroli
2012年02月04日 00:43
続き)

長谷川さんは市議として、また学校教師として、この件についてどうお考えですか?

またこのように横須賀のこどもたちや教職員が放射能汚染にすでに「実際に」晒されていることに対して具体的にはどのような政治活動をなさっていますか?


瓦礫反対の人は学校の汚染土埋設に立ち合いましたか?反対を表明しましたか?汚染給食に改善要求を出しましたか?こどもたちだけでなく教職員もひばくさせられています。


遠く宮古にある汚染でなく、すでに横須賀にあってこどもが教職員が危険に晒されている目の前の放射能汚染です。

みなさん、こどもたちの目の前の放射能汚染に黙っていて、まだ来ていない瓦礫に反対してうまくいくと思う?

横須賀市では来週から全学校で順次放射能測定が行われます。スケジュールも公開されています。立ち合い可能です。

是非立ち会って市民の声を市民の目を!

瓦礫問題に閉じて、ひっそり内にこもらず、こどもたちの安全安心に広く目を向け、実際に声をあげて下さい。

はせどん
2012年02月08日 18:11
私のブログに書くのではなく、ご自身のブログに書かれたほうがよい内容と思います。よろしければ削除させていただきます。ツイッターで書いていただいても結構です。また、個人的にお話があればメールでご自身のお名前・連絡先も明らかにしたうえで、お願いいたします。

この記事へのトラックバック