地域の学習会に参加しました。

画像

がれき知識自主学習、処分場の周辺住民が安心と支援の両立探る/神奈川新聞・横須賀 2012年1月29

 
震災がれきの受け入れを黒岩祐治知事が表明していることをめぐり、がれきの焼却灰を埋め立てる場所とされた県の産業廃棄物処分場(横須賀市芦名)の周辺住民が、自主的に知識を深める試みを始めた。情報が不十分なことへの疑念から、計画への反発は地元に強い。被災地への思いとのはざまで、解決策がないかを自ら探ろうとしている。

 28日午後。横須賀市長坂の西コミュニティセンターに、地域住民100人が集まった。

 がれきに関する自主的な勉強会。「放射能汚染物の拡散は世界でも前例がない」「仙台市はがれきを自力で処理している」―。環境ジャーナリストの青木泰さんの講演に耳を傾けた。

 「賛否の前に、知識を深めることから始めたい」。企画したのは、地元で小学生と幼稚園児の2人の子を育てる女性(39)。近所の母親たちと協力して準備を進めてきた。

 20日夜に県が市内で開いた説明会にも足を運んだ。「がれきをどけないと新しい街づくりは不可能。悪臭や火災など衛生上の問題もある。被災者の“心の復興”もできない」。被災地の行政職員の訴えが耳に残る。

 処分場の地元では、母親の多くが受け入れに不安を感じている。反対意見も多い。「でも、がれきの山のそばで過ごす被災地の子どもやお母さんたちも、不安は同じだろう。双方が安心できるベストな支援法を考えていきたい」。企画者の女性が力を込める。

 県の処分場は「管理型処分場」に分類され、埋め立て地の側面や底面をシートで覆う措置(遮水工)などが施されている。受け入れるごみの種類は燃えがら、ばいじん、がれきなど8品目で、現状ではほとんどが石綿(アスベスト)だ。産業界のリサイクル意識向上を背景に、埋め立て量は18%程度にとどまる。

 だが現時点でも、受け入れる焼却灰の放射能濃度が県の計画からは見えにくいことが、地元が不安を募らせる背景の一つにある。

 県の示した基準は「がれき1キログラム当たり100ベクレル以下」だが、放射能濃度は焼却されることで最大33倍程度まで濃縮されるとの測定結果がある。環境省が示した埋め立て基準「1キログラム当たり8千ベクレル以下」の数値は超えない計算だ。だが、県内で埋め立てが想定される灰の総量は見えていない。



▼地域の主婦の皆さんが主催して頂きました。有り難うございました。別の用事があって途中からの参加でしたが、なかなか興味深く参考にさせて頂きました。青木先生のお話は、前にも聞かせて頂きましたが、なかなかおもしろいです。

▼座談会で、「芦名町内会は会長がはんこを押したらきまってしまうのでは・・・・」と心配される方の質問がありましたので、「こういった大きな問題なので、当然会長お一人の判断と言うことでなく、役員会。さらに町内の方の意志を確認する手続きは必要なので、総会やそういった住民の意思を確認する会が必要だとおもいます。」とお話をしましたが、あくまでそれを決めるのは町内会全体ですので、慎重な論議が必要だと思います。
 
 
▼座談会の参加者は比較的若い方が多かったように思いますが、がれきと放射能に対しての心配の声が聞こえました。それと同時に、やはり被災地への支援をなにかできないかという思いもまたあることが確認されました。 同感です。

▼私もいろいろな課題にぶち当たるたびに、「もう一度これは相手にとってどうなのかということ」を考えています。宮古に月に一度ボランティアに行っているという、ミュージシャンの若者とも知り合いになりました。改めてうまく東北の方とつながれるといいなと思っています。

▼追伸 ・今ミュージシャンの若者k君と連絡が取れました。 今、「岩手県・宮古市」にいるということでした。3泊4日で、釜石から、宮古に音楽をしながら、被災地の線量をはかっていると言うことです。現地の人ともたくさん会ってお話を聞いているそうです。帰ってきたら、現地の様子をレポートしてもらいたいと思っています。

▼「できることと、できないこと」きちんと見極めながら提案をしていきたいと思います。 がれき問題を考える。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック