横須賀市議会・第2回定例会が始まりました。

画像


議会が始まりました。本会議では、一般質問を13人の議員が質問に立ちました。

今回は私は、質問の内容はすでにできていたのですが、「はじめの一回はきちんと全体の流れを見て勉強した方がいい」という先輩の助言や、会派からは、芳賀議員が質問をすることになったので、質問の一部に私の質問も入れていただき、今回は見送り9月議会でやることにしました。 (結果としては、良かったと思います。議会の流れがわからない中での、一般質問は無謀だったね。次はokです。 10日の委員会では、デビューしました。)

 本会議用に、私が考えていたのは、①3.11東日本大震災を契機として、横須賀市の行政が集約した、防災に関する課題とその傾向さらには考えられる対策について。②芦名の最終処分場にがれきを搬入することを県知事が表明したことについて。等々のことです。

①については、ほとんどの方が今回の一般質問で取り上げていました。横須賀市の津波対策、防災。被災地に対する支援についてなど踏み込んだ議論が行われました。また、 福島第一原発の事故関連も当然多く質問され、、学校給食の食材・校庭の放射線の測定など様々な現場での対応が論議されました。②については、総務常任委員会で質問していただけるよう、会派の先輩にお願いしました。



私が選挙中に訴えてきた津波対策について、横須賀市の担当部署に対して、直接意見交換をし取り組んできました。 その結果、横須賀市としても積極的に取り組む方向性が示されてました。


以前 私のニュース 「leap」で、長谷川昇の津波対策として取り組んできたことが、実現しつつあります。
「leap №4」
http://hasedon.at.webry.info/201104/article_4.html

①については、今回の議会でも指摘され、今後全域について見直すことを確認。
②については、各公共施設・町内会館等、津波が想定される地域の多くのポイントに設置をする(7月中)。
 さらに、横須賀市のホームページ上に標高表示が7月頃には実施される予定です。
③については、今後緊急避難場所の見直しと一緒にで必要な場所の回収が必要手です。意見反映していきます。
④については、今回の議会では論議されていませんので、各部局に、意見反映します。
⑤震災からちょうど半年後の、9月11日に、全市的に避難訓練を行うことを確認しました。当日は日曜日ですので、みんなで参加する中で、とりわけ海岸地域では、お互いの安全について、確認する必要があります。


まずは、本会議の様子から・・・津波対策を中心に報告しました。

画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック