陸前高田の安否情報をおばあちゃんにお伝えすることができました。

画像
 陸前高田の一本松

昨日、事務所の前を、おばあさんが通りがかったそうで、私のスタッフが佐々木きょうこさんの名前を確認したところ京子さんということを確認しました。「京子さんなら陸前高田に2人いらっしゃって、89才の方はなくなられたそうですが、もうひとかたは無事のようですよ。」とお話ししたところ、複雑な表情で涙をこぼさんばかりに喜んでいられたということです。 

今度は直接連絡が取れるように、陸前高田に連絡したいと思います。

you tube で陸前高田の被災の瞬間をとらえたもの・被災後の様子がアップされていました。








※奇跡の松が危機に

岩手県陸前高田市の震災復興のシンボルになっている“奇跡の一本松”が枯れる恐れが出ていることが11日、岩手県大船渡農林振興センターの調査で分かった。海岸線に約2キロにわたって続く名勝「高田松原」に約7万本あった松のうち、1本だけ残っている。

 3月28日に調査。一本松は樹高30メートル、直径は80センチほど。地上約10メートルまで海水をかぶり、根元から約80センチ上まで表皮がふやけた。根元周辺は砂が積もり、地下水も海水の割合が高くなっているため、根腐れする恐れがある。

 センターは砂を取り除き、波による土壌浸食を防ぐ防護柵も設置した。調査に同行した樹木医で県立緑化センター所長の佐藤好さんは「周辺に堆積した砂を取り除いて6~7月まで様子を見る必要がある」と話す。

2011/04/11 05:48 【共同通信】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック