オバマ(obama)大統領 就任式 就任演説 日本語字幕  №1

画像
オバマ大統領の就任演説を聴いた。歯切れのいいスピーチ、信頼感のある語り口調。
日本の総理大臣と比較してはいけないとわかりつつも、リーダーの風格がすばらしいです。






全文

同志である市民諸君:

 私が今日ここに立っているのは、目の前にある仕事のためであり、あなた方の信頼のおかげであり、このために祖先が払ってきた犠牲も忘れることができない。

 ブッシュ大統領に感謝したい。彼が我々の国に捧げてくれた奉仕と、この政権移行の間ずっと示してくれた寛大さと協力に対して。

 これまでに44人のアメリカ人が、大統領の宣誓をした。その言葉は、満ち潮の時代の繁栄と平和な凪の時代に語られたものだ。それでも、時に、宣誓は巻き起こる雲や激しい嵐の中でなされた。
 アメリカがこうした危機を乗り越えてきたのは、単に政府機関の能力やビジョンが優れていたためではなく、我々人民が祖先の理想に誠実で、建国の理念に忠実だったからだ。

 そうして、ここまでやってきた。
 この世代のアメリカ人もそうでなくてはならない。

 我々は現在、危機のただ中にいるということは、今ではよく理解されている。
 我々の国は、暴力と憎悪の広範囲にわたるネットワークとの戦争中だ。
 我々の経済はひどく弱体化している。それは一面では一握りの人々の貪欲さと無責任の結果だが、それはまた、困難な選択をして新しい世代のために国を準備するということに関する我々の総体的な失敗でもある。
 家は、失われた;
 仕事はなくなった;
 企業はシャッターを下ろした;
 医療費は高騰しすぎた;
 学校は、多くの失敗を犯した;

 そして、我々がエネルギーを使用する方法が我々の敵を利し、地球への脅威となっているという証拠が毎日のように積み上げられている。これらは、データと統計に基づいた危機を示している。
 データには現れないが重要さでは決して劣らないのは、全土を覆う自信の喪失であるーアメリカの失墜が不可避であり、新しい世代は目線を下げなければならないだろうという恐れだ。

 今日、私は言おう。我々が向き合わねばならない挑戦は本物である。深刻で、そして、多数だ。
 それは、容易にあるいは短時間では解決されまい。
 しかしアメリカよ。知っておいて欲しい。それは解決されるであろうことを。

 今日のこの日に我々が集ったのは、我々が恐れではなく希望を、衝突や不一致ではなく団結を選んだからだ。
 今日のこの日に、我々は些細な不平や間違った約束に、あまりに長い間、我々の政治を縛ってきた主張や教義に終止符を打つ。

 我々は新しい国のままであるが、しかし、聖典の言葉を借りるならば、幼年期とは決別すべき時がきたのだ。

 我々の強固な精神を再確認する時がきたのだ。
より良い歴史を選択するために;
その貴重な贈り物、高貴な理念を、情熱を次の世代に伝えるために:
皆が同等で、皆が自由で、皆が真の幸福を追い求めるチャンスを与えられているという神に与えられた約束を。

 我が国の重要性を再確認する際に、我々はその重要性が決して与えられて当然のものではないと理解している。それは、獲得されなければならないのだ。
 我々の旅には近道はないし、途中で満足してもいけない。それは、仕事よりも余暇を好んだり、富と名声の楽しみだけを求める、心の弱い人々のための旅路ではないのだ。
 むしろ、それはリスクを引き受ける者、行為者、製作者―中にはセレブもいるだろうが、それ以上に名もなき男女が額に汗して働いてきたことが、我々をして繁栄と自由に至る長く険しい道を運んできたのだ。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック