はせどんブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤富士

<<   作成日時 : 2013/02/05 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

            1月31日 長者ヶ崎から富士を望む 

▼最近、夕日がとても綺麗な日が多いですね。冬は空気が冷たく澄んでいる(水蒸気がすくない)ので、くっきりと見える日が多いですね。三浦半島から海を隔てた富士山はなかなか絶景です。

画像


▼西海岸の夕日は最高に素敵です。長者ヶ崎・立石・芦名・佐島とそれぞれのよさがあります。富士や伊豆半島を遠景にして、個性的な岩の屹立する立石。海岸線の美しい長者ヶ崎。

画像


▼忙しくてなかなか空を見上げる事もできないのですが、それでも夕方になると空が気になります。仕事がないときはカメラを持って海に向かいます。空の澄み具合と西の空に雲がない事が条件です。天気がよくても、伊豆半島に雲がかかっていると富士山は見えません。

▼太陽は夕暮れに近づくと、夕焼け色に空を染めます。空が真っ赤に染まると、幸せな気分になります。自然の大きさを感じつつ、地球の美しいドラマが始まります。


▼1月中は、ずいぶんよい天気の日が多くて、撮影にたくさんの人が来ていました。大雪の降ったあと、17日は、天気が快晴で、富士山が浮き出てくるほどの絶好のチャンスでしたが、カメラを持っていなかったので残念な事をしました。それから、できるだけカメラを持ち歩いています。

画像



▼地域の方と西海岸のこれからの話をすると、「西海岸に電車がほしい」し言う声が大きい。「もう少し便が良くなれば、この地域もよくなる」と、異論を挟む方はいない。一昨年、横須賀市が西海岸の住民5000人を対象にアンケートをしたところ、やはり、望んでいる事の一番が交通の整備・通勤通学の改善でした。そういったことから、私も一昨年9の一般質問でも、アーバンリゾートと西海岸の今後の課題を質問しました。

▼電車や交通システムをつくればいいという話は横須賀市でも研究したようですが、134号線が3車線に拡幅できれば、一車線を線路にして路面電車のような新交通システムも可能のようです。しかし、用地買収には何百億・・大変難しいようです。

▼そこで、大手の不動産につとめる友人と真剣に論議したところ、電車のプランは三浦半島の地価が高過ぎることと、一カ所でも用地買収に応じてもらえないと、前に進めないので難しい。とりわけ葉山を通るのが難しいということになった。

▼現在考えられるのは、地下鉄のようなものか、134号線の上のモノレールまたは、海上輸送ライン。コースを変えて、京急逸見駅から池上経由、または衣笠駅から平作経由で、大楠山縦断で芦名から佐島の丘というライン。それぞれ一長一短ある。これについてもあきらめないで考えていきたいですね。とは言っても計画から何十年かかる事なので生きているうちにはできないなあ。

▼佐島のなぎさの丘もなかなか販売が進まず、国際村も空き地が目立つ事から、交通網の整備が欠かせないのは確かだ。京浜急行等の企業にも、新交通システムのプランができないかお話ししていきたいです。時間はかかるだろうけれども、西海岸が今後多くの人が住みつづける町にするには、交通網の整備が重要であることは言うまでもないことだ。

▼一つの朗報としては、先日横須賀の土木部から地域の今後のとりくみとして、横須賀パーキングを使って、「スマートインターチェンジ」を造る方向で動いているという話があった。まだまだこれからという事ですが、大楠から芦名を通って、そのまま高速道路に乗れるというシステムです。まずは期待したい。



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤富士 はせどんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる